5議員が審議をボイコットして流会となった田舎館村の臨時村議会=2日午前10時半ごろ

 田舎館村議会は2日、予定していた臨時会の審議を自民系の与野党5議員が拒否、議場に入らず流会となった。ボイコットした5議員は、9月の定例村議会で不信任案を可決された鈴木和久議長の下での議事は認められない―との立場。会期は同日だけのため、31日で任期の切れる葛西幸男副村長の再任や、新教育委員会制度に基づく教育長に金枝尚明現教育長(現在の任期は11月14日まで)を任命する人事案など、議案3件を審議できなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)