オープニングイベントのエキシビションマッチが行われ、約2100人の観客で埋まった三沢市の国際交流スポーツセンター

 青森県三沢市が南山地区に整備を進めてきた屋内運動競技の新拠点「市国際交流スポーツセンター」が1日、開館した。オープニングイベントとして、バレーボールのプレミアリーグ女子エキシビションマッチ・NECレッドロケッツ―トヨタ車体クインシーズが行われ、同市出身でNECの大野果奈選手(25)=三沢二中―古川学園出=が攻守に活躍。大野選手をはじめとする華麗なプレーに、約2100人の観客が沸いた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)