自民党前職で、同党青森県連会長の江渡聡徳氏は30日、衆院選での自民、公明両党の選挙協力について取材に「公明党さんと話がついている。もう対応済みだ」と述べた。一方、公明党県本部の伊吹信一代表は東奥日報紙取材に、従来通りの協力態勢で選挙戦に臨む方針を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)