遊歩道脇に並んだ作品を手に取り、お気に入りの品を探す来場者たち

 青森県板柳町中心部に位置する遊歩道「中央アップルモール」で30日、県内外のクラフト作家が一堂に会して作品を展示販売する「クラフト小径」(実行委主催)が1日まで2日間の日程で始まった。時折雨が降る中、多くの来場者が歩道脇に並んだテントや展示棚に足を止め、店主との会話を楽しみながら品定めしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)