追悼の祈りを込めた折り鶴をささげ、手を合わせた生徒=11日午後、青森市の明の星ホール

 東日本大震災発生から8年半となった11日、青森明の星学園(島村新理事長)は青森市の明の星ホールで追悼行事を行った。同学園の中高生562人や園児代表が折り鶴をささげ、被災地の復興を祈り、犠牲者をしのんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。