5月に行われた「津軽かなぎ馬肉膳」の試食会
ユッケとシジミ汁が特徴の「のんべさん」の馬肉膳
茶わん蒸しやけの汁で郷土色あふれる「はな」の馬肉膳

 青森県五所川原市金木町の飲食店と金融機関が連携し今夏から、地元産の馬肉を使った「津軽かなぎ馬肉膳」を販売している。地域の食文化を活用し、自分たちで考案した新たなおもてなし料理で誘客につなげようという試み。発売から2カ月余りがたち、提供している飲食店には予約が入り始め、徐々に認知度が高まっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。