合唱指揮者として最後になる発表会に向けて団員たちを指導する小倉さん(右)=8日、青森市の古川市民センター

 県合唱連盟顧問で、合唱指導や郷土をテーマにした数々の曲づくりで青森県の合唱レベル向上に尽力してきた小倉尚継(なおつぐ)さん(83)=青森市=が、10月2日に開く教え子たちとの合唱発表会を最後に、60年近く続けてきた合唱指揮にピリオドを打つ。「まだまだ小倉先生の指揮で歌いたい」と教え子や合唱愛好者たちに惜しまれる中、年齢や体調などを理由に引退を決意した小倉さんは、ラストを飾るステージに向けて仕上げの指導に励んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。