黒く色づいたスチューベンを収穫する園児

 東北農政局青森県拠点は29日、2017年産青森県内水稲の15日現在の作柄概況を発表した。コメの出来具合を示す作況指数(平年作=100)は、県全体で99と「平年並み」の見通しとなった。ただし、地域別に見ると、南部・下北は95で「やや不良」の判断。8月の低温、日照不足で稲のもみに実が入らない「不稔(ふねん)」が発生した影響が見られている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)