青森署は11日、青森空港に覚醒剤約1.8キロ(末端価格約1億800万円)を運び込んだとして、函館税関青森税関支署が8月、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで、韓国籍の住居不定、自称大学講師の男性容疑者(52)を現行犯逮捕したと発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)