日本原燃は10日、青森県六ケ所村のウラン濃縮工場に関する「設計および工事の方法の認可」を原子力規制委員会に申請した。新規制基準に対応した追加の安全対策の一環。設備・建物の耐震設計について、これまでより厳しい条件下でも地震に耐えられることを評価したほか、六フッ化ウランの漏えいを防ぐため、配管などにカバーを設置するとした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)