青森海上保安部は10日、ホタテ養殖で生じた貝殻などの残さ計約300キロを海中に不法投棄したとして、青森県平内町漁協小湊支所所属の漁業者ら11人を海洋汚染防止法(船舶からの廃棄物の排出禁止)違反の疑いで、同日までに青森区検に書類送検したと発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)