工藤さんの田んぼで行われた「青天の霹靂」の刈り取り

 青森県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の刈り取りが10日、県中南地域県民局管内の技術普及拠点圃(ほ)で始まった。生産者は青空の下、市場デビュー5年目を迎える今年も、コメ食味ランキングの「特A」を期待し作業を行った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。