チェーンソーを使ってリンゴを彫り上げる学生

 八戸工業大学は24日、青森県林政課と連携した体験型学習「もっと使おう県産材」を初めて実施した。土木建築工学科の3年生19人が参加し、チェーンソーアートを通じて、木の持つ香りやぬくもりを体感した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)