東北電力は26日、東通原発1号機(青森県東通村)の中央制御室の給排気を行う換気空調系ダクトを点検調査した結果、鋼板製のダクト表面の一部にさびによる腐食を確認したと発表した。腐食で穴が開いている箇所はなく、安全機能に影響はないという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)