入門が決まり、伊勢ケ浜親方(左から4人目)と握手する木村祐生

 青森県五所川原市の五所川原商業高校相撲部3年の木村祐生=ゆうき=(18)が大相撲の伊勢ケ浜部屋入りを決め、26日に同校を訪れた伊勢ケ浜親方(つがる市出身、元横綱旭富士)にあいさつした。激励を受けた木村は「2年以内に十両に上がれるように頑張る」と力強く語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)