2025年に青森県で開催される第80回国民体育大会本大会に向け、県競技力向上対策本部の強化対策委員会(委員長=本間正行・弘前大学教授)は25日、青森市のアラスカで第2回会合を開き、天皇杯(男女総合優勝)の獲得を目標とする方針を決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)