日本サッカー協会は、26日に技術委員会を開いて2020年東京五輪の男子日本代表監督の人選を討議し、7月までJ1広島で監督を務めた森保一氏に一本化する方針を固めるものとみられる。田嶋幸三会長は25日、「まだ誰に決まったということではないし、それは聞いていない」と説明した上で、西野朗技術委員長からは既に森保氏と接触したとの報告があったことを明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)