青森県町村会(会長・関和典西目屋村長)のエネルギー政策特別委員会は25日、六ケ所村の日本原燃核燃料サイクル施設を視察した。再処理工場・非常用電源建屋への雨水流入やウラン濃縮工場の設備・機器点検漏れなどトラブルが相次いでいることに対し、委員長を務める関氏は「最善を尽くし、安全確保に努めてほしい」と要望した。同日は、15町村長が参加した。2013年の特別委発足以降、同施設を訪問するのは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)