【弘前東―青森山田】5回を無安打無失点と好投した先発堀田(写真右)と4回を1失点に抑えた平沼(写真左)

 兜森監督が「逸材」と呼ぶ1年生投手の2人が、青森山田を4季連続の県大会優勝に導いた。夏、1年生ながら甲子園のマウンドを経験した左腕平沼と、居残り組として練習試合に明け暮れた右腕堀田。決勝は堀田が5回無失点、平沼が4回1失点と好投。選抜高校野球大会(センバツ)の出場が懸かる東北大会を前に、2人の成長は、打撃面で不安の残る青森山田にとって大きな収穫だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)