神饌田に入り丁寧に稲を刈り取る児童

 青森県平川市の猿賀神社(山谷敬宮司)は22日、近くの神饌田(しんせんでん)で苅穂祭(かりほさい)を行った。花がさに白装束姿の猿賀小学校5年生と同神社の氏子青年会会員ら計12人が参加。青空の下、恵みの秋に感謝しながら黄金色に実った稲を丁寧に刈り取った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)