1億人目の乗客となった川口さん(前列右から2人目)と澤田社長(同右端)=津軽五所川原駅

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道の乗客数が21日、1930(昭和5)年の開業以来累計1億人に達した。車社会の進展や少子化による利用客の減少が続く中、熱心なファンや観光アテンダントらがアイデアを凝らして誘客に取り組み、開業88年目で大台に到達。澤田長二郎社長(77)は「これからも地域と一緒に鉄道を盛り上げていきたい」と力を込めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)