訓練で、テロリストが乗った小型ボート(手前)を追跡する八戸海保の巡視艇「むつかぜ」

 八戸港保安委員会(委員長・工藤康正県八戸港管理所長)は20日、青森県八戸市の同港ポートアイランドで、テロリストの侵入を想定した陸上、海上での対策訓練を行った。八戸海上保安部や八戸署など26機関から約100人が参加し、有事の際の連絡体制や容疑者の身柄確保、不審船の捕捉手順を確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)