日本高野連は19日、大阪市内で選抜高校野球大会の運営委員会を開き、来春の第90回記念大会からタイブレーク制を導入することを決めた。延長十三回から試合が決着するまで行う方向で、アウトカウントや走者の設定、決勝で実施するかなどは今後協議していく。準決勝までは延長引き分け再試合が廃止となる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)