スペイン紙マルカ(電子版)は19日、サッカーの同国1部リーグ、ヘタフェのトレス会長がラジオ局オンダ・セロの取材に対し、柴崎岳(青森県野辺地町出身)が1カ月半戦列を離れるとの見通しを明らかにしたと報じた。  柴崎は16日のバルセロナ戦で先制ゴールを挙げたが、後半早々に左足を痛めて交代した。トレス会長は「バルセロナの選手に踏みつけられた」と主張している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)