「縄文まつり」で二ツ森神楽を披露する子どもたち

 青森県七戸町の二ツ森貝塚遺跡保存協力会(鎌本義明会長)は16日、同貝塚史跡公園で2年ぶりの「縄文まつり」を開いた。地元の子どもたちが地域に伝わる二ツ森神楽などを披露したほか、弓矢体験、貝殻アクセサリーづくり、縄文鍋の販売コーナーがにぎわった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)