こぎんバンク編集部の石井さん(左)と鳥居さん。こぎん刺しに関する情報を広く募っている=東京・蔵前
こぎんバンクに掲載している「モドコDB(データベース)」

 津軽に伝わる手仕事「こぎん刺し」の魅力を世界に発信しようと、青森県弘前市出身で東京在住のデザイナー石井勝恵さん(41)らが7月、ウェブサイト「kogin bank(こぎんバンク)」を開設した。サイトは、こぎん刺しに関するグッズや教室、関係者へのインタビュー、モドコと呼ばれる模様のデータベース(DB)など多彩な情報を網羅。石井さんは「こぎん刺しを多くの人に楽しんでもらい、新たな形に発展させ、伝統を将来に継承していく一助になれたら」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)