実際にメロンの収穫を行ってみせた五農生たち

 農産物の安全管理に関する国際認証「グローバルGAP」の取得を目指す五所川原農林高校(山口章校長)は13日、青森県五所川原市の同校で審査の過程を公開した。対象となる3品目を担当する生徒たちは、審査員からの農薬管理などに関する質問に対して真剣に答えていた。審査は14日も行われる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)