若林執行役員(右)からキーの模型を受け取る三村知事=3日午前、県庁

 青森県は3日午前、危機管理局と6カ所の県民局に配備するプラグインハイブリッド車(PHV)の引き渡し式を県庁で開いた。災害で停電が起きた際は非常用電源として活用し、被災地の役場などで照明やパソコンの電気を供給する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)