2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致を進めている青森県三沢市は、市国際交流教育センター宿泊棟のバリアフリー化を進める。隣接地に10月1日、合宿の主要施設と想定する市国際交流スポーツセンターが開館するのに呼応し、車いす選手・関係者が快適に宿泊できる態勢を整える。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)