迫力ある取り組みを展開した児童たち

 1963年から続く伝統の「創立記念相撲大会」が9日、青森県階上町の道仏小学校(山口裕子校長)グラウンドで行われた。全校児童54人が男女に分かれて熱いぶつかり合いを見せ、保護者や教職員、来賓ら約200人が熱い声援を送った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)