三沢基地に着陸する米空軍の無人偵察機グローバルホーク=2018年6月

 防衛省は30日、航空自衛隊三沢基地に無人偵察機グローバルホーク3機を2021年度から順次配備するのに先立ち、20年度に臨時の航空隊を新編する方針を明らかにした。また最新鋭ステルス戦闘機F35Aは24年度にさらに3機を同基地に配備、計43機とする計画を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)