展開訓練で電源接続や発射方向調整などの手順を確認したPAC3。右端は発射機=7日、三沢米軍基地内

 航空自衛隊は7日、青森県三沢市の米軍三沢基地で地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を実施した。北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、日米一体による迎撃態勢を示す狙いがある。青森県における同訓練の公開は8月27日の陸自八戸駐屯地(八戸市)実施に続き2度目。国内米軍基地での同訓練は29日の横田基地(東京都)、岩国基地(山口県)に続き3カ所目。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)