青森県弘前市内の小中学校のPTAで組織する弘前市連合父母と教師の会(市連P)の不明朗会計問題で、弘前市教育委員会は6日、補助金の不正受給に関する調査結果を公表した。2012〜16年度の5年間で不正な領収書を用いて補助金を受けた金額は約120万円に上り、市は今後、法的措置も視野に入れて調査を続ける方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)