ミサイル飛来を想定し、頭部を守りながら車力中学校に避難しようとする訓練参加者=1日午前、つがる市

 「学校以外に頑丈な建物が分からない」「田んぼにいる場合、どうすればいいのか」。北朝鮮のミサイル飛来を想定して1日、青森県つがる市で行われた避難訓練。参加した住民たちは、短時間で避難する難しさを実体験した。国が指示する避難方法に対し「現実味を欠いている」などと困惑し、不安視する声が相次いだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)