三内丸山で講義を受け、ギネスブックに載ろう―。青森市の国特別史跡・三内丸山遺跡で9月18日、「世界最大の考古学授業」と題したイベントが開かれる。大型竪穴住居内で300人が30分間、専門家の話を聞くことで、「一会場で一斉に考古学の講義を受けた人数」の世界記録を狙う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)