三沢市街地から飛行が確認できたオスプレイ=23日午後5時半ごろ

 米軍普天間飛行場(沖縄県)所属の新型輸送機MV22オスプレイが参加し、米軍三沢基地を拠点に北海道内で行われていた日米共同訓練が28日、終了した。東北防衛局によるとオスプレイが加わった18日から11日間の訓練期間中、三沢基地にはオスプレイ4機が駐機し、飛行は延べ32機に上った。青森県三沢市と六ケ所村にまたがる三沢対地射爆撃場では米海兵隊が単独実施した4日間の訓練のうち1日のみ、延べ4機が参加した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)