日本原燃は26日午前、六ケ所再処理工場ウラン・プルトニウム混合脱硝建屋の放射線管理区域内で、タンク内部の気圧を低く保つために空気を送り出す「第1排風機」2台のうち、1台が故障したと発表した。もう1台は点検中だったため、第1排風機は機能しない状態となった。直列でつながる第2排風機は3台のうち2台が運転しており、外部より気圧が低い負圧状態が維持されているという。原燃によると、外部環境への影響はない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)