ホップの花を収穫する参加者

 クラフトビールの開発を目指す青森県佐井村の有志が24日、同村の中道地区で今年から栽培しているホップを収穫した。有志らは高さ3メートル以上に伸びたつるからホップの花を一つ一つ丁寧に摘み取り「爽やかなハーブのような良い香りがする」と喜びをにじませていた。クラフトビールは早ければ12月ごろ出来上がる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。