約40種類のイチゴスイーツが楽しめる「いちごいち」。かき氷など目当ての商品を求めて行列ができた

 青森県田舎館村名産のイチゴずくめの催し「2019田舎館 夏のいちごいち」(観光いちご園アグリいーな田んぼアートの里主催、村共催)が24日、同村役場近くにある観光いちご園で始まった。夏イチゴを使った氷菓や飲み物など、約40種類のイチゴスイーツが一堂に会し、村内外からの来場者でにぎわっている。最終日の25日は午前10時から午後3時まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。