「開雲堂」で木村ノブ社長(右)のポスター用写真を撮影する兼平さん

 青森県弘前市内の高校生・大学生が、同市の土手町商店街を活気づけようと、同商店街の店舗に飾るポスター制作に挑戦している。19~22日の日程で市まちなか情報センターでワークショップが開かれ、参加した生徒・学生は各店舗に取材し、それぞれの店の特徴をとらえたポスターを作ろうと意気込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。