握手する(左から)三村知事、藤井社長、勝野社長、岩根社長、清水社長、小野寺市長

 北海道、中部、関西、中国の4電力会社が、停電や電柱・電線の改修など送配電分野の問い合わせに対応するコールセンター「青森カダルコンタクトセンター」を青森市長島に開設することとなり23日、県、市との基本協定調印式が同市のホテル青森で開かれた。4社体制での運用は2020年6月からスタート、100~120人が勤務する。災害などにより大規模停電が発生した場合は、被災していないエリアの会社が応援に回り、利用者の問い合わせに答える。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)