大漁旗を振るなどして東北エモーションを見送る市職員ら

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が初めて八戸駅に停車したことに合わせ、青森県八戸市は17日、同市などを観光する四季島の乗客を歓迎する催しを市内で行った。参加した市民らは種差海岸など観光地へ向かう乗客に大漁旗を振るなどしてもてなした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)