武蔵野美術大学の学生が描いた黒板アートに喜ぶ児童ら=図工室
図書室の黒板に描かれた白雪姫の黒板アート

 武蔵野美術大学(東京)の学生が全国各地の学校を訪れ、児童らにアートの面白さを伝える「旅するムサビ」が22日、青森県八戸市の中居林小学校で開かれた。教室の黒板をキャンバスに見立てて、チョークで絵を描く「黒板アート」をサプライズで披露。児童らは突然現れた巨大なアート作品に大きな歓声を上げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。