本格的な発掘調査が始まった一王寺遺跡で行われた説明会

 本年度から本格的な発掘調査を行っている青森県八戸市の国史跡・是川石器時代遺跡(是川遺跡)の一部「一王寺遺跡」で17日、市民向けの現地説明会が開かれた。市内外から訪れた考古学ファン約30人が、縄文時代の生活に思いをはせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)