JR東日本盛岡、秋田両支社とJR北海道は18日、夏期間(7月21日〜8月17日)の列車の利用状況を発表した。北海道新幹線新青森―新函館北斗間は約20万8千人で、開業1年目だった前年の約26万3千人より21%減少した。お盆期間(10〜17日)も約8万1千人で前年を16%下回った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)