津軽白神湖付近を起点にラフト(ゴム製の小型ボート)に乗って岩木川を下り、急流を通過する白神カヌークラブの子供ら

 世界自然遺産・白神山地の玄関口、西目屋村の「津軽白神湖」。水をたたえた人工湖を支える高さ100メートル近い大壁の下、岩木川源流にゴム製ボート「ラフト」を浮かべ、白神カヌークラブの子どもら10人が“小さな冒険”にこぎ出した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)