青森大会を制して甲子園行きを決め、「けんしコーチ」の鈴木さん(左)と記念写真に納まる福原=7月27日
東海大菅生戦に向け、打撃練習に精を出す福原=17日、大阪府高槻市

 青森山田の正捕手で中軸を担う攻守の要、3年・福原朱理(しゅり)=青森県田舎館中出身=の原点は、小学6年で「けんしコーチ」と取り組んだ夜間特訓にある。年の離れた兄のような存在。コーチの自宅で夜遅くまでスイングの指導を受けた。スラッガーとしての「土台をつくってくれた」(福原)感謝の思いを一打に込め、8強入りを狙う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)