完成した新県総合運動公園陸上競技場。主競技場の観客席数は2万席を超える。9月1日にこけら落としとして県民駅伝競走大会が開かれ、2025年には青森県で開かれる国民スポーツ大会のメイン会場となる=20日、青森市宮田(小型無人機で撮影)
山や木をイメージした大きな屋根が特徴のメインゲート付近
報道陣に公開された新県総合運動公園陸上競技場の主競技場。奥がメインスタンド

 新青森県総合運動公園陸上競技場(青森市宮田)が完成し、県は20日、報道陣に公開した。約2万800席のスタンドは県内最大。その4割ほどの8900席を覆う大屋根は山や木をイメージした。全国大会規模の陸上競技やプロサッカーリーグJ3、ラグビートップリーグなどのプロスポーツが開催できる。9月1日にこけら落としとして県民駅伝競走大会が開かれる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。