青森市の県営浅虫水族館が、国内で初めて展示している完全養殖クロマグロの稚魚が20日午後6時現在、11匹生き残っていることが分かった。大分県から31時間半をかけて運んだ稚魚は7日の到着後に大量死。11日以降に死んだ稚魚はなく、13匹が生存していたが、19日から20日朝にかけて2匹が死んでいたことが確認された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。