急流に足を取られながら、燃えるカヤ舟を操り、中野川を下る男衆=16日夜、黒石市大川原

 青森県黒石市東部の大川原地区で650年以上続くとされる伝統行事「大川原の火流し」が16日夜、同地区を流れる中野川で行われた。「舟子」と呼ばれる男衆が帆柱に火をつけたカヤ舟を引きながら川を下り、山あいの集落は熱気に包まれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)